fam 2

fam 2月号掲載

女性の皆様、聞いてください。男の本音、語ります。

vol.2 海が俺を呼んでるぜ!

 

さむい さむい・・・。本格的な冬の季節がやってきましたね!

先日、何十年ぶりにスキー場へ行ってきました。30年ほど前と比べるとスキーやスノボの人口は約半分に減ってしまったそうです。学生時代当時は「私をスキーに連れてって」という映画がヒットし、ユーミンの歌を聴きながらグラサン片手にゲレンデを歩くのがナウかった。

そう、若い頃僕は、どちらかと言えば山派でした。ところが、妻M子さんは完全な海派。結婚した当初は、キャンプやスキー・川遊びなど奥越方面によく出かけましたが、子供が大きくなると逆転し、越前海岸へ海釣りに出かけることが多くなりました。そしてさらに とあることがきっかけで、僕も完全に海派に・・・。

それは8年ほど前お店を新築する際、その心労から(あまりの借金の多さにビビってしまった)数日寝込んでしまい、弱気になった僕は新築の計画を止めたいとまで思い詰めました。「ああでもない、こうでもない・・」と悩み続けて、血圧が上がる、心拍数は上がる。病院に行けば『高血圧』(涙)。結局1ヶ月ほど落ち込んでいたのです。

そんな時 妻M子さんが何を言うかと思えば、突然「くよくよしてもしょうがない。そうだっ! 沖縄へ行こう!」「はい?なぜ?こんな大事な時に、旅行なんて行けるわけないでしょ!さらに初めての沖縄だなんて無理!」という僕の言葉を尻目にさっさと旅行会社へ行って予定を組んできてしまったのです。仕方なくその夏は 南の島へ旅行することになりました。

fam 2-2

行ってみると…初めての沖縄は、なんと開放的でのんびり島唄が響き、青い海に白い砂!さんさんと降り注ぐ太陽!こんな青い海を見ていたら、自分の悩みがちっぽけに思えて「なんくるないさ~なんとかなるさぁ~」って感じたんです。それ以来「海大好き」になってしまったのです。泳げませんが・・・

今、思えばあの時、全く想定外の(しかも僕は当時山派!)妻M子さんのひと声があったおかげで、僕は海の素晴らしさを知り、あの時のネガティブの渦から脱出できたんだと思います。もしかしたら男性より女性の方が、切り替えが早くて強い?そして、おいしい物を食べたり、おしゃべりするだけで ストレス発散になるんでしょうかね?

いやぁ~、女性の感性って凄い!(ちなみに先月書いたエッセイで結婚記念日と誕生日を忘れていた代償は・・・沖縄旅行でした・・・(涙)。

fam 2-6

 

さて、皆さんは「海派」「山派」どっちですか?

もしも毎日の仕事に疲れたら、毎日の暮らしがつまらなくなってきたら、、思い切って白銀の世界や青い海に出かけてみませんか?

大自然のパワーに包まれると「なんくるないさ~」「なんとかなるさ~」って前向きな気持ちになれるかも・・・。

fam 2-4

この記事は、『福井の女性に贈るフリーペーパー 福井の情報誌「fam(ファム)」』にて連載中の記事をご紹介させていただいております。